Like a Child②

 

LINEが来てからというもの、頭の中はそればっかり。授業終了のチャイムが鳴ると同時に、カバンを掴んで教室を飛び出す。今日が部活の無い日で良かった。

 

電車に飛び乗って、一気に地元の駅まで。

改札を通り抜けたら家とは逆方向に。

 

「優吾!!」

 

オシャレなカフェのカラン、と音の鳴る扉を開けて、彼の名前を呼ぶ。

 

「いらっしゃい」

 

ニッコリと笑った顔は、実年齢よりも幼い。

 

「ゆうご〜〜」 

「今日はどうした?」

「担任に生徒会選挙出ろ、って」

「出ないんだろ?」 

「出ない」

 

ため息と共にテーブルに突っ伏す。断りに行かなきゃ。めんどくさい。

コト、と音がして目の前に置かれたのは甘い甘いココア。

 

「ありがとう〜」

 

1口それを啜れば、いつもと同じ甘さが、イライラを溶かす。

 

「ホントココア好きだな。」

「ちーがーう。優吾が作るココアが好きなの。」

 

ここのカフェで働いてる優吾は、私の幼馴染みのお兄さん的な人。人懐っこい感じで、マスターにも気に入られてるから、こうして私を招いてくれる。

 

ここに来たからといって特にやることはない。いつもみたいに隅の方の席で課題を広げて、優吾が上がるまで待つ、のがルーティン。

 

不意に、カラン、と扉が開く音がして顔を上げると、

 

「北斗!」

 

優吾が少し嬉しそうな声を出す。その先には、黒髪の、爽やかっぽい感じのイケメン。

ぼんやりその人を眺めてたら、目が合って、ニッコリ。笑った顔はちょっと可愛い。

条件反射的に、ペコ、と軽く会釈をする。

 

「優吾、誰?」

 

近くを通ったタイミングで、優吾に尋ねる。

 

「大学の友達。イイヤツだよ。」

 

別にそこまでは聞いてないんだけど。でも優吾がわざわざ“イイヤツ” なんて言うんだから、それはイイヤツなんだろう。

 

私が座っている位置から、椅子を2つ空けて座る北斗さん。

鞄から取り出したのは、小説。

カタ、と優吾が北斗さんの所に置いたのは、アイスティーとケーキ。ケーキとか食べるんだ。食べなさそうなのに。なんて考えていると、

 

「どうかした?」

 

あまりにも長い間眺めていたからか、北斗さんに声をかけられてしまった。

 

「あ、いや、なんでもないです...」 

 

びっくりして、自分が思っていたよりも小さい声になってしまった。

 

「君、もしかして◯◯ちゃん?」

「えっ、」

「やっぱり!髙地がよく話してるんだよ」

「は?」

「可愛い幼馴染みがいる、ってね」

 

ふんわりと笑う北斗さんから出る、“可愛い”の単語にきゅんとしてしまう。しっかりしろ、私。言ったのは優吾。お兄ちゃんみたいな人。つまりそういう意味じゃない。

 

「そう、なんですね。」

「あ、松村北斗って言います。」

「えと、よろしくお願いします。」

 

少しだけ高い、優しい感じの声が、心地よい。

なんとなく、なんとなくだけど、好きだなぁって。そう思った。

 

 

 

Like a Child①

 

“落ち着いてる”、“大人っぽいね”。そう言われることが多い。別にそれが嫌ってわけじゃないけど、まだ高校生なんだから、甘やかされて生きていたい。「◯◯なら大丈夫」とかそんなん言われても、大丈夫じゃねぇよ、と心の中で毒づく。

 

何をこんなにイライラしているかというと、遡ること一時間前。昼休み。

 

「しつれーしまーす」

 

いかにも、“ダルいです”みたいな態度で職員室に入る。

 

「◯◯!」

 

それでも嬉々とした表情でアタシを迎え入れる担任。だるい。

 

「なんすか?」

「生徒会選挙出ないか?」

「嫌です。」

 

即答。そーゆーおカタイ感じのヤツは嫌いだから。いや、実際おカタイかは知らんけど。生徒会とか、好きじゃない。

 

「推薦の材料にもなるし、どうだ?」

「いや、私そういうのあんまり...」

「◯◯なら大丈夫だろ、それに生徒会は1人でやるわけじゃないんだし。」

 

そーゆーことじゃねぇ、って思いながらも段々面倒くさくなってきて。

 

「考えときます。」

 

って逃げた。

教室に戻ると、

 

「おかえりー!なんだった??」

 

やたら明るい友達の声。いつもなら、テンション高ぇな、ってちょっと苦笑いするけど、今回ばかりはちょっとだけ感謝する。気だるい感じが払拭される、気がする。

 

「生徒会選挙出ろ、だって。」

「...マジ?」

「マジ。」

「どーすんの。」

「出ない。」

 

チラ、と視線を巡らすとクラスの地味っぽい眼鏡の男の子。生徒会長に立候補したとかしてないとか、そういう噂のある人。

毎年ウチの高校は承認投票だから、アタシが出なければ自然と彼が会長になる。

 

「アイツ、立候補したらしいよね」

 

私の視線の先を見た友達が呟く。

 

「邪魔したら恨まれそう」

 

別の友達がコソッと呟いた言葉に、少し笑ってしまう。

校則ギリギリのスカート丈に、くるくると巻いた髪と緩められたワイシャツとリボン。どう考えても生徒会長の外見ではない。

担任に断りに行こう、とぼんやり考えながら、5限目を受ける。

 

不意にポケットの中のスマホが震えた。チラ、と通知を見ると、

 

『今日学校終わったらおいで』

 

の文字。大好きな、私を唯一甘やかしてくれる相手からのLINEにニヤける顔を隠すように、ノートに視線を落とした。

初めましてじゃないけど初めまして的な。

みなさんどうも。こんちには。さくらです。

 

溢れ出す妄想を止めらません。

でも妄想垢を作ると義務感に負けて妄想出来なくなるんだろうな〜どうしようかな〜、って考えた結果がこのブログです。

妄想します。妄想するブログです。

まぁ所謂短編ドリーム小説集みたいになります。

 

絶賛Twitterで妄想中の「アイツにちょっとI LOVE YOU」はあのまま続けます(多分)。

 

妄想で扱うのは、

SixTONES

・風磨会

・関西ジャニーズJr

Love-tune

です。

ただ、Love-tuneに関しては出来たらイイなぁ。勉強したいなぁって感じです。

 

 

よろしくお願いします♡